MMDImporter 細かい注意点と既知の不具合

MMDImporterに関する細かい注意点と、既知の不具合をまとめています。

■未実装による注意点

・SDEF、QDEF変形がトレースできてない

・UVモーフ未実装

・グループモーフ未実装

・フリップモーフ未実装

・材質モーフは実験段階の機能
色々不具合があると思われるので、大事なデータには使用しない方が良いです。


■仕様上の注意点

MMD標準の透過マップはテクスチャのアルファチャンネル
DazStudioは専用のマップ画像を使うので、形式が違います。対応したシェーダを使わないと、透過処理がうまくいきません。

・物理演算関係のデータは一切取り込まない
DAZに言ってください(´・ω・`)

・Luxusと併用すると、スフィアマップ(sph、spa形式の画像)が読み込めない
2015/08/04時点では、Luxusはあらゆる形式の画像を(読み込めない癖に)読み込もうとします。
MMDImporterより先に読み込まれる(アルファベット順…)ため、現状Luxusに先に取られてしまい、読み込めなくなってしまいます。
Luxusを停止するか、スフィアマップの拡張子を.bmpに変更する事で対応できます。

他にも同様のプラグインがあるかもしれませんが、ひとまずLuxusのみ確認しています。

・専用シェーダは輪郭線をノードとして扱う
ノードですので、Figure Assetsで保存すると輪郭線は保持できません。設定値はマテリアル側が持っていますので、保存できます。
ロード後はシェーダを再適用するか、IPRでも部分レンダリングでもいいので、一度レンダリングを開始させると復活するようになっています。

■既知の不具合

・ジオメトリエディタでVisibilityを操作するとクラッシュする。
現状、原因も解決策もわかっていません(;´Д`)
一度何らかの形でセーブ&ロードすることで不具合が収まるので、ひとまずこれで対処をお願いします。

・材質モーフを使った後アンドゥ・リドゥすると値が正常に変化しない

・乗算の材質モーフを適用→除去すると値に微妙な差がある

MMD Importer for Daz Studio

思うところあって、現在公開を停止しております。

これ以上のバージョンアップもおそらくしないと思うので、再開の目処はありません。

スミマセン。

【DAZ 3D STUDIO】レンダリング画像に背景をつける(Backdrop)

DAZ 3D STUDIOで画像をレンダリングすると、デフォルトだとPNG形式の画像になります。
この時にですが、
 

f:id:shinokiwa:20150616021435p:image

 
こんな感じで、背景に何も置いていない部分があると、画像が透過PNGになり、その場所は透明になります。
 
 

f:id:shinokiwa:20150616021411p:image

なぜかねこ。
 
この記事を書いている段階ですと記事の背景も白いのでわかりにくいですが、透過されています。
これはおそらく、他の画像と合成して背景を作成する場合にやりやすいように、だろうと思います。
が、今回合成はナシとします。
 
つか何故白い猫を使った私。
 
背景に何かしらおけばいいのですが、毎回きちんとした背景を置くのも煩わしいですね。
それ以外でも、キャラを見せたいだけなら背景は適当でもいい、というかむしろ適当にしてキャラだけに注目があつまるようにしたい場合だってあります。

【DAZ 3D STUDIO】LuxusとLuxRenderを使ってみる

本当はもっとがっつり勉強してからレンダラの切り替えを試すつもりだったんですが…セールしてたのでつい買ってしまいました。
DAZ 3D STUDIOと、外部レンダラLuxRenderを接続するプラグインLuxus
 
本当は私のような初心者は同種のプラグインでも、Realityの方を買うべきだと思うのですが…安かったんだもの…。

【DAZ 3D STUDIO】Shading Rateについてもうひとつ

 
相変わらずDAZ STUDIOばっかり触ってるこの頃です。
もうちょいPG関係の事もやれよと。
 
今回は、前回やったRender設定のあと、ちょっと気づいた点を一つ。

【DAZ 3D STUDIO】Render設定基礎【影とピント、シェーディング品質】

前回作成した画像ですが、後で改めて見ると背景のボケが足りない感じでした。
ということで、さらにピントを絞ってみました。

【DAZ 3D STUDIO】カメラ基礎【ピントを絞る】

ということで(何が)、今回はカメラの扱いをおべんきょしてみました。
カメラも結構プリセットがあるんですが、ToonCamなど特殊なカメラ以外は大体自前で設置しています。